乙女系小説100本ノック | Chaos and Cuttlefish

Chaos and Cuttlefishというサイトのいちコンテンツです。
ティアラ文庫系のレビュー。BL小説と同じく気に入った作品のみ打ち返すスタンスなので更新遅め。

タイトル
残酷王の不器用な溺愛
作者
八巻にのは
イラスト
氷堂れん
出版社
イースト・プレス ソーニャ文庫
出版日
2018-03-01

歪んだ愛は美しい、でおなじみのソーニャさん。
なんでソーニャさんばかり読んでいるって、案の定電子でセールが多いからですね。
パピレスさんのメルマガについてくるポイントがある程度たまって、そのポイントで買える電子書籍を、となると、セールしている作品になる。
あと、同じ会社のレンタさんが漫画だけではなく小説も売っていると最近気がついた。なので、そっちも貯めたスタンプで小説が買える。

八巻さんの作品はお初です。
面白かった。
まあタイトル通りのお話で、甘くて可愛い。全然歪んでねえなって、最後らへんまで思ってたんだけど、最後の最後で歪みました。
乙女系の小説ってラブラブになるのが早くてよい。
溺愛されるってパターンもBLより乙女のほうが多いかな。
ヒスイも可愛い性格をしていて、グランドもいい人で、ちょっとした勘違いからすれ違いつつお互いを思い合っているのが微笑ましくて。
年の差をもっと感じられる内容だったら良かったかなー。このふたりって年の差がけっこうあるはずだよね?
年の差がある殿方に可愛い女の子が溺愛されるお話は大好物なので、もっとそこをフューチャーされてもよかった。

乙女系のタイトルって、こういう分かりやすいのが多いんですかね。
そのまんまなタイトルなのはちょっと気になる。タイトルは必然だと、一般書籍の作家さんが話していたので。

残酷王の不器用な溺愛 (ソーニャ文庫)
八巻にのは
イースト・プレス
2018-03-03

タイトル
純情メイド♡シンデレラ: 貴公子に甘く愛されて
作者
TAMAMI
イラスト
早瀬あきら
出版社
プランタン出版 ティアラ文庫
出版日
2014-07-30

ここ最近、ギスギスしたヤクザBLが続いていたので、癒やされたかった。
癒やされたいなら乙女系小説……しかもホワホワしたやつ。
となると積んでいたこれでしょう。
TAMAMIさんの文章はクセがなくて読みやすくて好き。

タイトル通りシンデレラストーリーなんだけど、みんな優しい世界ですぐに結ばれるのでホワホワキュンキュンしたいときにはぴったりだった。
メイドさんが学園トップのお金持ちと結ばれて……というお話なんだけど、身分の差はあまり気にされない世界だったので良かった。まあヒーローのアシュリーは貴族じゃないしな。
ちょっと突っかかってくるリチャードも、目的はアシュリーいじめなので、あまり恋の障害というわけではないので、ひたすら甘い気分になりたいときに良い本だった。
両思いになるのも中盤早々からで、その後こじれるわけでもなくひたすらラブラブしてたしね!
これくらいのペース配分が個人的には好きです。最後の最後に両思いからのセックス!!よりも、ラブラブしている期間が長いほうが読んでいて楽しい。
アシュリーは不器用だけど優しくて頼りになるし、エレナも嫌味のない可愛さ。
面白かった。やはりTAMAMIさんの書いたものは好きです。元々は鬼畜眼鏡が好きなので、そこからTAMAMIさんの文章が好きなんだよね。


タイトル
蜜牢の海
作者
西野花
イラスト
ウエハラ蜂
出版社
イースト・プレス ソーニャ文庫
出版日
2014-09-03

最近、西野さんばかりだー。
でも、ほい、乙女です。BLではない西野さんです。
乙女でもエロエロでいいですね。わりとすんなり仲良く3Pなのでいいです。
歪んだ愛は美しいでおなじみの、ソーニャさんですよ。
これもまあ昔電子書籍で買ったものの読み返し。
購入履歴を見てみると、1年に一度、ソーニャさんを買っている。多分それは、ソーニャさんのセールの時期と、自分の電子書籍のポイントがたまる時期が重なるんだと思います。ちまちまためたポイント内で買えるもの、なおかつ失敗のないもの、となるとこれになった。

内容忘れるマンですが、元婚約者の死因の真相は覚えてましたよ。
というか、これはわりと全体的に覚えていた。
あんまり悩む内容よりも、エッチエッチフッフーな作品が好きなので、背徳的な3Pでもすんなり楽しめるお話なので良かった。
あと、気持ちいいときは気持ちいいと言う女の子は可愛いです。言葉責めが好きなので、そういうプレイがあると評価は甘くなります。
最近、BLでも複数プレイばかり読んでいたので、女の子が相手だと入れる場所が2か所あっていいな!と思いました。(身も蓋もない感想)

蜜牢の海 (ソーニャ文庫)
西野花
イースト・プレス
2014-09-03

↑このページのトップヘ